外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:13:39
神戸市立森林植物園に植栽されているクマザサの群落があります。
数千から万に及びそうな数の稈で構成されている群落です。
そのうちの120本の稈を観察したところ、49本の稈で外鞘的分枝様式を確認しました。

クマザサはササ属チマキザサ節の種で、通常は内鞘的に分枝します。
以下にその特徴を見て行きます。

画像は群落の一部を写しています。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:22:55
この群落のクマザサは、最大で稈の高さが170㎝、直径が5㎜ほどのものもありますが、120㎝前後の大きさのものが多く、各節でよく分枝しています。
クマザサは、革紙質で光沢のある、両面無毛の葉を枝先に3~7枚くらいつけます。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:28:15
葉の基部は円形から切形に近いものもあって、幅は5~6㎝ほどのものが多く、先端はなだらかに細くならず、急に尖った形になります。
葉身の長さは20~25㎝くらいのものが多いです。

画像は幅が7㎝、長さが23㎝の葉です。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:30:41
クマザサの稈鞘には、開出長毛が密生し、節の膨らみは少しだけ目立つ程度です。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:32:46
クマザサの肩毛は、放射状で粗渋です。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:42:47
ここまで見て来た特徴は、通常のクマザサのそれと異なりません。
この群落のクマザサの肩毛は、上の画像のようなチマキザサ節に典型的なものもあれば、ミヤコザサ節で見られるクモが足を伸ばしたような(チマキザサ節より長い)ものもあります。
この画像は、そのミヤコザサ節的な肩毛です。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:46:23
葉舌は、チマキザサ節では、通常切形で目立ちませんが、この群落のクマザサの葉舌は、ミヤコザサ節のような低い山形のものも多くあります。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:48:25
この画像は、この群落で確認した内鞘的分枝様式の一例です。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:51:09
この標本は、2本の本年枝を出していますが、分枝様式は2つとも外鞘的です。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:53:44
上の画像の外鞘的分枝①の拡大画像です。
枝が鋭角に出ているため、母稈の稈鞘を押し広げながら、突き破っています。

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/07 (Sat) 22:58:47
外鞘的分枝②の拡大画像です。
やはり、枝が鋭角に出ているため、母稈の稈鞘を押し広げなが突き破っています。
外鞘的な分枝は、クマザサの純粋種ではない可能性を強く示唆しています。

(続く)

Re: 外鞘的分枝が多く見られるクマザサの群落

  • 神戸の望月
  • 2019/09/16 (Mon) 21:25:48
このササに関して、不明な点があるためしばらく続編は保留しておきます。
(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)