2018年の六甲山のスズダケ②

  • 神戸の望月
  • 2018/05/16 (Wed) 21:22:50
長くなったので改めます。

1つのスズダケのジェネットのほとんど全てのラメットが数年に渡って開花枯死したら、その後どのようにそのジェネットは更新されるのでしょうか。
穎果による更新、未開花の稈、あるいは開花を経験しても枯死しない稈による更新が考えられます。
未開花の稈を2つに分ければ、開花初年以前に地上に出ていたもの、開花期間中に地下茎から出て来たもの、と言うことになります。
今後数年の観察をしなければ結論は出せませんが、ジェネット更新の考えられる形はこのようなものでしょう。

去年、一昨年私が観察した所では、開花したスズダケの結実率は低かったです。
場所によっては、全く結実しなかった所もあります。
数が頼みの風媒花であることを考えれば、より多くの稈が開花している所ほど結実率は高いような気もしますが、必ずしもそうではなかったです。

去年6月に収穫した穎果を持ち帰ってプランターにすぐ播きました。日と雨が当たる所に放置しています。
この画像は今年の5月13日に写したその様子です。
まだ動きはありませんが、カビも発生しておらず、穎果はまだ生きているようです。
休眠性があると言うことなので、気長に観察しています。

Re: 2018年の六甲山のスズダケ②

  • 神戸の望月
  • 2018/05/16 (Wed) 21:26:34
この画像は去年の6月上旬に写しました。雨の日の撮影で、スズダケの穎果が膨らんでいるさまが分かりやすいかなと思い、選びました。

Re: 2018年の六甲山のスズダケ②

  • 神戸の望月
  • 2018/05/18 (Fri) 21:51:50
今年はスズダケについているホソコバネナガカメムシが多いです。
とは言っても現場での発生数を調べての話ではありません。
標本にするために持ち帰ったスズダケにたくさんついているのです。
開花のない場所以外では、花茎を出した標本を採ることがほとんどですが、そうした標本に特によくホソコバネナガカメムシがついています。
これは私の推測ですが、今年も開花した場所で去年のホソコバネナガカメムシの産卵数が特に多かった訳ではないと思います。
そうした場所は、去年、一昨年も開花があり、多数の稈が枯死しているため、産卵時には生きていた稈に産み付けられた卵が産まれた時、その稈が枯死していると、孵化した幼虫や成虫がスズダケの「樹液」を吸うために、生きている稈(私が今年標本に採っているような開花稈)に集まって来ているのではないでしょうか。
我が家には、多い時でスズダケの標本が50点ほど、重しを載せて積んでありますが、その中から今年はよくホソコバネナガカメムシがはい出して来ます。
ホソコバネナガカメムシは、カメムシの仲間にしては、触れた時に発する匂いもそれほど強烈ではないため、見つけてはティッシュで包んで引導を渡しています。
現場で注意して見ていても、稈鞘の内部に潜んでいるものなどは、なかなか見つけられません。

この画像は、標本から出て来たホソコバネナガカメムシを写したものです。

Re: 2018年の六甲山のスズダケ②

  • 神戸の望月
  • 2018/05/19 (Sat) 22:47:04
この画像は心経岩付近で今年の4月に写したものです。
群生するミヤコザサらしきものの中に、ぽつんと1本だけスズダケが生えています。
赤い矢印の所です。
20mほど離れた所に数百ラメットのスズダケがあります。
現在の地下茎の状態は分かりませんが、おそらく元々は、赤い矢印のスズダケと20m離れた場所の集団は同じ個体だと考えられます。
なぜこのような状態になったのでしょうか。
スズダケとミヤコザサの勢力争いの結果としか言いようがありませんが、多数のミヤコザサらしきものに取り囲まれ、同種の集団から数十メートルほど離れた少数のスズダケと言うこのような構図は、特に裏六甲の高所でよく見られます。
その逆に多数のスズダケに取り囲まれた少数のミヤコザサらしきものと言う光景は見たことがありません。

Re: 2018年の六甲山のスズダケ②

  • 神戸の望月
  • 2018/05/20 (Sun) 21:02:40
例えば、住吉谷や西山谷の万単位のラメットが密に群生していて、2016年、2017年に大半のラメットが開花し、今年も開花があったようなスズダケのジェネットには、今年の開花ラメットに関して、共通した特徴があります。
それは専らジェネットの周縁部分のラメットが開花していて、中心部分はほとんど全て開花枯死していると言うことです。
ラメットが密で飽和状態になった中心部分には、より古い地下茎があり、まだその外側へと広がる可能性のある周縁部分にはより新しい地下茎があると言う判断が正しいのなら、より古い地下茎から生じた稈から順に開花したと考えられます。

画像は、結実したヌカボシソウと地下茎から直接花茎を立ち上げて開花したスズダケの2ショットです。 
(投稿前に、内容をプレビューして確認できます)